FC2ブログ

英語の勉強でつまずかない子を育てるには? 【その2】

英語の勉強でつまずかない子を育てるには?【その2】

 日本語というのは、とても合理的にできています。五十音図を覚えてしまえば、かな(カナ)で書かれているものなら、何でもすぐに読めるようになります。

文字の「名前」と「音」が同じだからです。

例えば、『ね』は、名前も「ね」、発音も同じく「ね」です。ひらがながわかれば、『ねこ』は自然に「ねこ」と読むことができます。

 ところが、英語のアルファベットの名前と音は、必ずしも一致しません

例えば、『CAT』という単語は、「スィーエィティー」とは読みません。アルファベットの名前を覚えても、この文字の組合せを自然に「キャット」と読めるようにはならないのです。

 英語のアルファベットは、たった26文字ですが、個々の文字が様々な音を持ち、いろいろな発音をするだけでなく、文字の組合せによっても読み方が変化するので、複雑で難しいのです

 そのため、ネイティブスピーカーにとっても、英語の読み書きを覚えるのは、決して簡単ではありません。

英語がペラペラのはずのネイティブスピーカーが苦労しているのですから、日本人の皆さんが苦労するのは当然ですね!

 でも、逆に言うと、その読み書きのコツやヒントを身につけることができれば、英語の勉強は格段に楽になるということなんです。

そこで、英会話のBESでは、『フォニックス (phonics) 』を採用しています。英語を母語とする国で実際に使われている、ネイティブスピーカーの子供たちが英語の読み方や綴り方を学ぶ方法です。

(日本では、フォニックスというと、発音を矯正するためのものと解釈されることも多いですが、本来は違います。)

 英会話のBESキッズプログラムでは、最長9年間(年少さんから小学校卒業まで)、英語のみの環境の中で、ゲーム等の楽しい活動を通して、ゆっくりと段階を踏みながら、知らず知らずのうちに、しっかりと、このフォニックスを身につけていきます。

 英会話のBESで学んだ子供たちが、英語でコミュニケーションできるのはもちろんのこと、英語を自分で読む力
を身につけ、自信と余裕を持って勉強に取り組めるのは、このためです。



”英語は、いつ始めるかよりも、どんな環境で始めるかが大切です。”
ブライアン アルストロム


PageTop