FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

英語の勉強でつまずかない子を育てるには?【その1】

英語の勉強でつまずかない子を育てるには?【その1】

 人間が言葉を身につけるのには、自然な順番があります。子供が言葉を発し始める前には、普通、1年くらい周囲の人の言葉を聞いているだけの時期があります。お父さんやお母さんが話しかけてくれるたくさんの言葉を聞いて、その意味を理解し始める時期です。

 そして、言葉は話せなくても、うなずいたり、イヤイヤをしたり、言葉以外の方法で反応する時期や、大人の真似をして音を発し始める時期を経て、ようやく、いくつかの単語を使って、少しずつ話し始めるようになります。

 文字の読み方を覚えるのは、そのもっとずっと後で、その頃には、ある程度は言葉を使って話せるようになっているものなのです。もちろん、まだ文法を考えることなどありません。

 ところが、現状、日本の子供たちは、『英語という言葉』に親しむ十分な時間がないまま、英語を自力で読めないうちに、『英語の勉強』に取り組まなければなりません。(まだ日本語が読めないような子に、『国語の勉強』ができるでしょうか?)そのため、中学校の早い時期につまずいてしまい、授業についていけなくなる子供も少なくないのです。

 英会話のBESキッズプログラムでは、子供が言葉を習得する自然な順番と環境をできるだけ忠実に再現しています。

 英語のみの環境の中で、『聞いて、理解して動く、話す、読む、書く』のステップを、フォニックス(※1)の習得と共に、時間をかけて段階を踏みながら、自然に身につけることができます。

 綿密に計画されたプログラムで、英語でのコミュニケーションはもちろんのこと、学校の勉強でも成功する子供が育つ強調文のです。


※1 フォニックス:アメリカやカナダなど英語を母語とする国で使われている、英語の読み方を学ぶ方法のうちの一つ


”英語は難しい言葉ではありません。良い環境、良い方法で学べば、誰でも身につけることができます。”
ブライアン アルストロム


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。