FC2ブログ

【会話の極意・その2】A-Con Global

【会話の極意・その2】

“Nice to meet you.”というフレーズは、初めて会った相手と、お互いに名前を教え合ってから、使う。


このフレーズには、「はじめまして。お会いできて(知り合えて)嬉しいです」というような意味があるので、相手の名前も教えてもらっていないのに、いきなり”Hello. Nice to meet you. I’m Taro.” のように一方的に言うと、不自然過ぎて相手に引かれるらしいです。(スピーチとかの場合はまた別かもしれませんが…)

逆に、何度も会っている相手に対して”Nice to meet you.”と言うのも変

これは、知っていたような気がするけれど、以外と勘違いしている人も多いとか…。

実際には、

A: Hello. I’m Taro.
B: Hi. I’m Ichiro. Nice to meet you.
(握手しながら)
A: Nice to meet you, too.

…みたいな流れでしょうか。

ちなみに、初めて会った相手との別れ際の挨拶は、”It was nice meeting you.”です。

(おしゃべりした後、そろそろ、というタイミングで)
A: Well, it was nice meeting you.
B: Yeah, it was nice meeting you, too.


それでは、初めて会った相手ではなく、既知の人たちとの別れ際の挨拶は、というと…

(おしゃべりした後、そろそろ、というタイミングで)
A: Well, it was nice seeing you.
B: Yeah, it was nice seeing you, too.

とか、

A: Well, it was nice talking to you.
B: Yeah, it was nice talking to you, too.

です。
こんな感じで自然に会話のクロージングができたら、COOL! ですね〜。

では、今回はこのへんで…。
次回は、「ネイティブスピーカーの話す英語が速くて聞き取れない!」と感じる理由について、書いてみようかと思います。


マネM

PageTop